動脈硬化

心臓や血管などの循環器系の病気は、進行すると命が危険に晒されやすくなる性質を持っています。
動脈の一部が硬くなってしまう動脈硬化も、命に関わる性質を持った循環器系の病気の一つです。
このサイトでは動脈硬化の原因や症状、予防・改善の為の手段などについて解説します。

動脈硬化とは

動脈硬化とは
自覚症状が見られないことが多く、気付いたころには重度の段階…という事も少なくありません。

有酸素運動で改善

有酸素運動で改善
有酸素運動は、脂肪を燃焼させるだけでなく様々なメリットがあります。

動脈硬化の全て〜原因や症状、予防・治療のために

心臓から送られた血液は、動脈網を通じて全身の細胞に行き渡っていきます。
もしも、この動脈網が一部でも渋滞を起こしてしまうと、渋滞した血液が固まりになって他の動脈でも血流を阻害してしまうことになります。

このような血液の渋滞を起こしやすくする動脈の異常を動脈硬化症といいます。

動脈硬化の恐ろしさとは

動脈硬化は、心臓から全身に血液を送るための血管である動脈の一部が柔軟性を失って硬くなってゆく病気です。

動脈は心臓から送り出した血液を全身に確実に行き渡らせる為に、伸縮を繰り返す性質を持っています。
動脈硬化によって柔軟性が失われることで、伸縮力が低下し血流が滞ってしまうのです。

滞留した血液は凝固して血栓となり、血流に押し流される形で小さく砕けながら全身に移動してしまいます。

血栓が心臓や脳の動脈や毛細血管に到達すると、血液の流れを悪くしてしまい様々な血管障害を引き起こしてしまうのです。

また、動脈硬化は自覚症状がなく精密検査しなければ見つからないという厄介な性質も併せ持っています。

動脈硬化から起こる血管障害

動脈硬化症を引き金にして起こる血管障害は、命に関わる可能性を強く持っているといえます。

血管が送り出している血液は酸素やブドウ糖・グリコーゲンなどの栄養分を含み、細胞を活動・維持させるために欠かせないものを供給する役割があります。

血管障害を起こすと動脈から繋がっている部位への血流量が抑制され、栄養不足によって細胞の維持が難しくなってしまいます。
細胞が栄養不足になった部位は活動に支障をきたしやすくなります。

血管障害を起こした部位が心臓だった場合、心臓を構成する筋肉である心筋が弱くなり心機能の低下・不全を起こし、脳の場合は意識の喪失に至ってしまうケースも少なくないのです。

動脈硬化の原因は?

動脈硬化が発症する原因には高血圧や高脂血症・高血糖などの生活習慣に起因する疾患が大きく関わっています。

これらの疾患を患っていると血管に損傷が起こりやすくなります。
損傷した部位は以前よりも硬くなるように再生する性質があり、損傷と再生を繰り返した場所はガチガチに固くなってしまいます。

この損傷と再生による硬化が血管に起こると血管の柔軟性が失われてしまうのです。

動脈硬化を防ぐには?

動脈硬化を防止するには生活習慣の見直しによる予防が最も有効です。

発病に関わる高血圧などの疾患は生活習慣に起因するところが大きく、食事や運動などの生活習慣を一つずつ見直し時間をかけて健康状態を改善していくことが予防や症状の改善に繋がるのです。

動脈硬化の場合、様々な原因が複合して発症するケースが多いため改善しなければならない生活習慣が多いと言えますが、健康を考えるのであれば必要な対価であると言えます。