動脈硬化

動脈硬化は単体では命に関わりはない病気と言えますが、時間の経過と共に症状が進行すると大変危険な事態に発展する性質があります。
しかも、動脈硬化単体での自覚症状はほとんど感じられない為、合併症が起こってから発覚するケースが少なくないのです。
動脈硬化の詳細について解説します。

目に見えない爆弾・動脈硬化について

動脈硬化は年齢と共に発病率が上がる病気の一つであり、脳血管障害や心疾患などの合併症を引き起こす恐れが高いという特徴を持っています。
しかも、自覚症状が感じられない場合が多く、手遅れになってしまうことも少なくないのです。

動脈硬化はどのような症状を持ち、どのような影響を与えるのでしょうか。

動脈硬化について

動脈硬化は、心臓から全身に血液を送り出す動脈が部分的に硬化してしまう疾患です。
動脈は心臓の拍動に合わせて伸縮することで、血液の送り出される勢いを抑えることなく全身に血液を行き渡らせる働きを持っています。

この動脈の伸縮性は動脈自体の柔軟性に支えられた性質といえるため、動脈硬化が進んで硬くなってしまうと伸縮しにくくなってしまい血流を弱めることになってしまうのです。

動脈硬化がもたらす血栓

動脈硬化が進行した動脈は血流が悪くなり、滞留を起こします。
血液の成分には凝固して血管の傷を塞ぐ血小板が含まれているため、滞留すると血液の塊である血栓を生じさせてしまいます。

血栓が生じた血管は、血栓の分だけ内径が小さくなり血流をさらに悪化させます。
血流が悪くなればその分だけ心臓にかかる負担が大きくなり、息苦しさや動悸を覚えることもしばしばです。

動脈硬化の原因は?

動脈硬化の原因としてよく言われるのが高血圧・高血糖・高脂血症の三大疾患、喫煙・飲酒などの嗜好、運動不足などです。

具体的に言えば「血行に影響する」「糖分・脂肪分などの血中成分が増量する」疾患や生活習慣が動脈硬化の引き金になりやすいのです。
血行が悪くなれば血栓が出来やすくなり、血行が良すぎると血の勢いで血管内部が傷つきやすくなります。
傷ついた血管組織は粥状の組織となり、動脈を詰まらせてしまいます。

これらの原因は一つだけならば発病リスクは小さなものですが、積み重なればリスクは増大してしまいます。

治療するには

動脈硬化の治療では、原因を特定し食事療法や運動療法を併用して生活改善を図っていく手法が有効ですが時間が掛かるのが欠点と言えます。

心筋梗塞や脳卒中などの合併症が深刻な場合は、投薬や手術などで治療することになります。
手術内容としては、動脈硬化を起こした部位を迂回して血流を通す為のバイパス手術や、血管内にカテーテルを挿入しバルーンで患部を拡張して血流を確保する動脈形成術などが用いられます。

薬物治療では、血栓溶解剤や高脂血症治療薬・降圧剤などを使って原因となっている疾患にあわせた治療を進めていきます。
しかし、日々の予防対策が動脈硬化における最善の治療であることは間違いありません。

動脈硬化の基礎知識について、さらに詳しく読みたい