検査

動脈硬化は「沈黙のさつ人者」とも呼ばれるほど、早期発見が難しい病気です。
最悪の場合、脳卒中・心筋梗塞といった合併症が発症してからようやく発見されることがあるほどです。
自覚症状もほとんどない動脈硬化を早期発見するにはどのような検査を行えば良いのかについて解説していきます。

動脈硬化を発見する検査方法について

動脈硬化は、身体の内側にある血管で発生する病気です。
しかも、はっきりとした自覚症状は動脈硬化の合併症から起こることがほとんどの為、気付かないまま病状を進行させてしまうケースは少なくないのです。

動脈硬化を発見するには、どのような検査が最適なのでしょうか?

CAVI検査

最新の動脈硬化の検査法として注目されているのがCAVI(Cardio Ankle Vascular Index)検査です。
日本語に約すと「血圧脈波検査」となり、血圧の強さや早さを計ることで血管の厚さや血管年齢を測定できるというものです。

検査時間は5分ほどと短く、高い精度で動脈硬化を発見できるなど、信頼性も高く導入している医院も増加しています。

CAVI検査でわかるのは動脈硬化の有無と大まかな場所で、治療に必要な情報全てが得られると言うわけではないのでさらに別の検査法で綿密に探っていきます。

頚動脈エコー検査

動脈硬化治療の現場でCAVI検査と同じくらいに信頼されているのが頚動脈エコー検査です。

頚動脈が通っている首にエコーを当てて反響を調べることで、頚動脈の動脈硬化の有無を調べることが出来ます。

頚動脈は脳と心臓に繋がっている血管のため、脳卒中や心筋梗塞の発症に影響を及ぼします。

MRI検査

核磁気共鳴という現象を利用して身体の中の透視画像を写すMRI検査は、今や健康診断や精密検査に欠かせない検査法の一つです。

もちろん、動脈硬化の検査にも効果を発揮します。
特に足に起こる閉塞性動脈硬化症の発見には欠かせません。

最近のMRI検査では血管の状態も映像化できるため、信頼性も高くなっているといえます。

レントゲン検査

X線を使ったレントゲン検査も動脈硬化の発見には欠かせません。

しかし、血中のカルシウムが硬化原因となっている中膜硬化だけしかレントゲン写真に写らないため、動脈硬化の検査としてはいささか不十分な方法であるといえます。

血管造影検査

X線を使うレントゲン検査は、カルシウムのようなX線不透過物質に対して行われるものです。
つまり骨格の撮影には向いているものの内臓や血管の検査には不向きと言えます。

血管造影検査は、X線不透過物質であるヨードを造影剤として血管に直接投与してレントゲンで血管を撮影する検査法です。

実際の検査では手足からカテーテルを挿入して、目的の部位に造影剤を投入するセルディンガー法が行なわれています。

心電図検査

心筋から発せられる微弱な電気を測定する心電図は、肺から心臓に繋がっている冠動脈の動脈硬化を発見する検査にも使えます。

冠動脈に動脈硬化が発生していると狭心症を引き起こします。
狭心症は心電図にかけると特有の結果を出すため一目瞭然でわかるのです。

動脈硬化の基礎知識について、さらに詳しく読みたい