高脂血症

血液中のコレステロールは、身体を構成している細胞を維持する為には欠かせないものです。
しかし、何事も度を過ぎれば逆効果になるように血中コレステロールが多すぎると動脈硬化の原因ともなってしまうのです。
ここでは高脂血症について、原因や治療法などを紹介していきます。

ドロドロ血液の原因・高脂血症とは

高脂血症とは、いわゆる「ドロドロ血液」と言われる血中コレステロールの多い状態によって起こる疾患です。
高脂血症が続けば動脈硬化や膵炎などの合併症を引き起こしてしまいます。

コレステロールの役目

健康業界においては、コレステロールは不要なものとして扱われがちですが実際には身体を維持する上で非常に重要なものです。

コレステロールは細胞核を包む細胞膜の原料としての役目があり、代謝活動において欠かすことの出来ない物質です。

体内のコレステロールは食事から摂取したものと肝臓でタンパク質や脂肪などから合成されたものがあり、肝臓で合成されたものが大半を占めています。

また、コレステロールは脂質とタンパク質の合成物であるリポ蛋白の輸送を行なうという役目も持っています。

善玉コレステロールと悪玉コレステロール

コレステロールには善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)の二種類があります。

この二つのコレステロールの違いは、輸送方向の違いと言えます。

悪玉コレステロールは肝臓から全身に向かって輸送される時の状態で、善玉コレステロールは全身から肝臓に向かって輸送される状態です。

悪玉コレステロールと動脈硬化

悪玉コレステロールは、細胞の代謝活動には欠かせない有意義な物質ですが重大な弱点を持っています。
それは「酸化しやすい性質を持っている」と言うことです。

酸化した悪玉コレステロールは、リポ蛋白の輸送を行う力を失ってしまいます。
白血球の一種であるマクロファージには酸化悪玉コレステロールを除去する役目がありますが、酸化悪玉コレステロールを取り込んだマクロファージは壊れてしまいます。

マクロファージの残骸は血管内に残留し、アテロームと言う物質に変化します。

このアテロームが動脈硬化を引き起こす原因となるのです。

高脂血症の原因

高脂血症が起こる原因は、「偏食」と「運動不足」にあるといえます。

コレステロールの原因であるタンパク質と脂肪分が豊富な肉料理やコレステロールの含有量が多い卵やマヨネーズを摂り過ぎる食生活を送っている人ほど高脂血症になりやすいといえます。

また、運動不足の人は脂肪の蓄積が多くなり、コレステロールの有効消費が難しくなるのです。

高脂血症の予防・治療

動脈硬化の発病リスクを増大させる高脂血症の予防と治療は健康維持の上でも重要であると言えます。

予防や治療にはどのような方法が効果的なのでしょうか。

薬物療法

即効性の高い治療法としては脂質降下薬の投与による薬物療法が挙げられます。

しかし、薬物療法は根治治療ではなく対症療法に分類される為、定期的な投薬を続けなければならないというデメリットがあります。

食事療法

食事制限を含む食事療法は、高脂血症の予防・治療に効果的です。

肉でのタンパク質や脂肪の摂取を魚で補うようにすることや食物繊維の摂取を増やすといった内容が有効です。

運動療法

悪玉コレステロールには、運動によって善玉コレステロールに変化するという性質があります。

これを利用した運動療法は高脂血症の予防や治療に不可欠と言えます。ただし、効果が現れるまでには最低でも半年は必要という長期的な治療になるのが欠点ともいえます。

動脈硬化のリスクを上げる原因について、さらに詳しく読みたい