狭心症

心臓は動脈硬化の影響を受けやすい器官の一つと言えます。
心臓を動かす為の血液を送り込む冠動脈に動脈硬化が起こると、心筋梗塞や狭心症を引きこしてしまいます。胸の痛みが発作として起こる狭心症は、日常生活に支障をきたす性質を持っています。
狭心症の症状などについて解説していきます。

狭心症と心筋梗塞、動脈硬化の関係

動脈硬化によって発生する心臓の病気は「虚血性心疾患」として分類されます。
心臓に新鮮な酸素と栄養を供給する冠動脈が狭窄または閉塞することによって、心臓に充分な血流が行き届かなくなることで起こります。

胸痛を起こす狭心症も虚血性心疾患のひとつで、場合によっては命に関わる事態を引き起こしてしまうのです。

狭心症について

狭心症は心臓の筋肉に血液を送る冠動脈が動脈硬化によって狭窄し、血流量が制限されることによって起こる病気です。

心筋に充分な血液が行き届かないと筋肉が衰えてしまい、ポンプのように血液を送り出す力が弱まってしまいます。

そのため、心臓はより強い力で血液を送り出そうとするため、発作を引き起こすのです。

症状について

狭心症の症状は、「強く引き絞られるような胸の痛み」が発作として続くというものです。
痛みは主に心臓で起こりますが、心臓周辺でも起こる場合があります。

発作は大体15分程度続いてから収まります。
発作が起こっている最中は、呼吸困難や不整脈、極度の発汗や嘔吐などの二次的な症状が現れることもあります。

狭心症は、冠動脈の内部に粥状組織が蓄積するアテローム性動脈硬化によって起こるため、適切な治療を行なわないまま放置しておくと心筋梗塞に発展し、心室細動を引き起こしてしまう場合があります。

狭心症の種類とは

狭心症は発作が起こる状況や原因などによって分類されています。

落ち着いている時に起こる「安静時狭心症」と身体を動かしている時に起こる「労作性狭心症」、動脈硬化による冠動脈の狭窄を原因とする「器質性狭心症」、心臓内部の微小血管の狭窄によって起こる「微小血管狭心症」、冠動脈の痙攣性収縮で起こる「冠攣縮性狭心症」、発作の強さや起こる時間が安定している「安定性狭心症」、発作の強さや起こる時間が一定しない「不安定性狭心症」など、細かく分類されています。

血圧と発作の関係

狭心症は、血圧が低めの時間帯や季節に発作が起こりやすいという性質を持っています。

心臓は血圧が低い状態から活動に適した血圧に持っていこうとする働きがあり、寝起きの午前中や気温が低い冬季はこの働きが強くなります。

しかし、心臓の機能が狭心症の原因となっている血管の狭窄もしくは閉塞によって充分でなくなっているため、発作が起こりやすくなるのです。

治療について

狭心症の治療に当たっては、足の付け根から心臓にカテーテルを挿入し造影剤を送り込む心臓カテーテル検査が行なわれます。

狭心症の治療は、冠動脈や微細血管の拡張による血流の確保を目的として行われ、主に薬物療法が選択されます。
血管拡張効果のあるカルシウム拮抗薬やニトログリセリンなどの硝酸薬が処方されます。

場合によっては人工血管を移植する冠動脈大動脈バイパス移植術やカテーテルを挿入して風船で血管を拡張する経費的冠動脈形成術などの外科手術を行ないます。

動脈硬化で起こりやすい血栓症について、さらに詳しく読みたい