改善

動脈硬化は適切な治療を行なわないと脳卒中や心筋梗塞といった命を脅かす病気に繋がる性質を持っています。
発病予防が最善策ですが、発病してしまった場合は症状の改善に努め合併症を防ぐしかありません。
動脈硬化を改善するにはどのような努力をするべきなのかについて解説します。

動脈硬化を改善するには?

一頃前までは、動脈硬化は治療しても完全には治らない病気であると考えられていました。

しかし、医学の進歩によって、動脈硬化の改善の可能性は飛躍的に向上し治る病気であると見られるようになりました。
動脈硬化を改善するには何が大事なのでしょうか。

生活改善が大事

動脈硬化は、発症に食生活や運動習慣などの生活習慣が大きく関わっています。

そして生活習慣に起因する病気の多くは生活改善を進めることで症状が改善させる性質を持っています。

つまり、生活習慣の内容は動脈硬化を発症させる原因にもなれば改善する要因にもなりうるというわけです。

食生活の改善

生活改善で最も大事なのは、身体を作り維持する栄養を摂取する為に欠かせない食生活の内容です。

「食べる楽しみ」を優先して栄養バランスを考えない食事内容を続ければ、動脈硬化や生活習慣病に影響する高血圧・高血糖・高脂血症の三点セットを併発する可能性は上昇します。

栄養バランスを考えて肉を食べ過ぎないように魚も食べる、野菜は必ず三食のメニューに加えると言った献立の見直しや出汁を使って塩味を抑えるなど、健康的な食生活を目指すことが肝心です。

アルギニンの効果

最近動脈硬化の改善に注目されているのが必須アミノ酸の一つであるアルギニンです。
アルギニンは成長ホルモンの合成に関わり、免疫力や新陳代謝に大きな影響を与えます。

アルギニンには強い抗酸化作用とタンパク糖化の抑制作用があり、動脈硬化の予防や改善に大きな効果があることが判ったのです。
また、動脈硬化だけでなく生活習慣病の予防にも効果があり、健康を維持していく上で欠かせない栄養素の一つであるといえます。

アルギニンを含む食品は多く、鶏肉・羊肉などの肉類やかつお・マグロなどの魚類、大豆や玄米、乳製品などがあります。

運動不足の解消

毎日の生活の中で、適切な運動量を維持することは健康の為には大事な条件であると言えます。
しかし、業種や自由時間などの関係から纏まった時間に運動することが出来ない人も多いのも実情です。

運動不足は動脈硬化の原因にもなるので、寝る前や早起きなどで運動する時間を確保することが大事です。
運動の内容にはウォーキングやジョギングなどの有酸素運動が最適です。

出歩く時間が取れなければエアロバイクのような室内で出来る運動器具を導入するのもひとつの手でしょう。

嗜好の見直し

成人ともなれば付き合いで飲みに行くこともあれば、手持ち無沙汰を無くす為に喫煙するといった嗜好習慣を持つことが珍しくないと言えます。

しかし、飲酒・喫煙などの嗜好習慣は動脈硬化の発症リスクを高めてしまいます。

出来れば禁酒・禁煙を今すぐにでも行うのが最善ですが、医師との相談や摂取量を抑えるなど自分にあったやり方で進めるのが無難でしょう。

動脈硬化予防のためにについて、さらに詳しく読みたい