コレステロール

身体を構成する物質に幾つもの役目を与えた上で、働きがかち合わないように設計されている人間の身体は非常に合理的に作られていると言えます。
コレステロールも動脈硬化の原因となりますが、細胞の新陳代謝を行う為に重要な物質です。
ここでは動脈硬化を防ぐためのコレステロール値のコントロールを解説します。

コレステロールの見直しで動脈硬化を改善する

動脈硬化の発病リスクに関わる要因の一つとしてコレステロールが挙げられます。特に酸化しやすい悪玉コレステロールの増加が問題と言えます。

しかし、健康雑誌などでは身体に必要な総コレステロール値そのものを減少させる方向に傾きがちです。

身体に良いコレステロールの下げ方とはどのようなものなのでしょうか。

コレステロールの特性

コレステロールは脂肪とたんぱく質の化合物で、細胞を包む細胞膜の原料と言う役目を持っています。

人間を含む動物の体内では細胞膜以外にも消化液である胆汁や性ホルモンなどのステロイドホルモンの合成にかかわり、老化を防止する抗酸化剤としての働きも持っています。

悪玉コレステロールは何が問題か?

一般に「悪玉コレステロール」と呼ばれるLDLは肝臓から全身に送られる際の状態で、善玉コレステロールと呼ばれるHDLは体中から肝臓に戻ってくる時の状態です。

では、何故LDLだけが悪玉と言われるのかというと、酸化するとコレステロールとしての機能が失われコレステロールの循環から外れてしまうという性質にあります。

酸化LDLは白血球の一種であるマクロファージという血管内を掃除する細胞によって捕食されるのですが、酸化LDLを十二分に取り込んだマクロファージはアテロームになってしまいます。

つまりLDLの増加はアテローム増加の原因になりやすいのです。

悪玉コレステロールを減少させるには?

コレステロールについて注意しなければならないのは、「コレステロールの総量」ではなく「コレステロールの総量に対するLDLの量」です。

LDLがHDLよりも多いということは、代謝によるコレステロールの使用量よりも余剰にLDLが産出されていると言うことです。

どうすればLDLを効率よく減らすことが出来るのでしょうか?

脂肪分の取り方の見直し

コレステロールの減少には、食事における脂肪分の摂取を見直すことが大事です。
肉に含まれる動物性脂肪分は、LDLを増加させ血液の流れを悪化させやすい性質があります。

しかし、植物性脂肪分や魚の脂肪は血液の流れを改善する働きがあるため、動脈硬化の予防にも役立ちます。

献立を見直し、魚料理をメインにするなどの工夫が大事です。

運動する

適度な運動は、悪玉コレステロールを善玉コレステロールに変換する働きがあります。

これは運動することによって傷ついた筋肉細胞が再生する為にコレステロールが必要になるためと考えられます。

適度な運動は血中の中性脂肪の消費にもつながり肥満の改善や防止にも効果的です。

食物繊維の摂取

腸内の掃除を行う食物繊維は、悪玉コレステロールの低下にも効果があります。
食物繊維は胆汁酸を吸着し、中性脂肪や糖分の吸収を抑制して排泄される性質を持っています。

胆汁酸はコレステロールを原料としていて、肝臓から十二指腸に分泌された後大腸で吸収されて再利用される循環構造を持っています。

つまり、胆汁酸を排出することはコレステロールの低下にも効果があるのです。

動脈硬化予防のためにについて、さらに詳しく読みたい