心筋梗塞

季節の変わり目に体調を崩してしまう人は意外と多いものです。
特に寒くなる冬場は病気にかかる人も増えてしまいます。動脈硬化で起こる心筋梗塞も、冬場に発症する人が増えるという特徴を持っています。
なぜ冬に心筋梗塞が多発するのか、その原因は何かについて紹介していきます。

冬季に増える心筋梗塞の発症、その原因は?

季節の変化は体調にも影響します。
秋口や春先などの季節の変わり目には風邪を引きやすくなることが良く知られています。

特に冬場は命を脅かすほどに気温が低下する為、注意しなければならない時期です。
そして、冬は動脈硬化によって起こる心筋梗塞の危険性が高まるのです。

冬に心筋梗塞が多い?

厚生労働省によって行われた、1982年から1994年までの東京都下の救急車が出動した事例の調査で、12月・1月・3月には心筋梗塞の患者が増えるという結果が出ています。

12月・1月・3月は暦の上では冬に当たり、以前から言われていた「冬に心筋梗塞が多くなる」ことを実証するものと言えます。

では、なぜ冬場に心筋梗塞が起こりやすくなるのでしょうか。

寒さが高血圧を引き起こす

冬に心筋梗塞が増えると言うことは、冬だけにある何かが心筋梗塞の発症率を高めているということだと言えます。

答えを言ってしまえば、「気温」が心筋梗塞の発症率を高めているのです。
冬場の気温は10度以下にまで下がり、地方によってはマイナス20度以下になるという所さえあります。

気温が低下すると、身体は血管を収縮させて体温を維持しようとします。
収縮した血管は狭窄しやすい細さになり、血行不全を起こします。
血流を維持する為に血圧が上昇してしまう為、冬場は高血圧になってしまい心筋梗塞を発症しやすくなるのです。

外と内の温度差にも注意

冬場は家の中で暖房を効かせた部屋で眠り、暖かいお風呂で身体の芯までポカポカに温まるのが幸せと言えます。

しかし、その暖かい室内が心筋梗塞の原因になる場合もあるのです。

暖かい部屋と寒い外の温度差もまた高血圧を引き起こしてしまいます。

寒い洗い場から熱いお風呂につかることや、雪かきや買物のために暖房の効いた部屋から外に出ること、暖房をつけていないトイレでいきむことなど、暖かい季節にはなんでもなかったことが心筋梗塞の発症リスクの高い行為になっているのです。

心筋梗塞にならないための冬場の過ごし方

動脈硬化を患っている人は、心筋梗塞を起こさない為にも冬場はより一層の準備をしなければなりません。

どのような準備で冬を乗り切るべきなのでしょうか。

脚を温めよう

「脚は第二の心臓」と言われるように、血行に大きく関わっています。
しかし、冬場は脚の保温はあまり省みられていないこともしばしばです。

脚を温めることは血行を維持し血圧の上昇を防いでくれます。

外出する際にはズボンの下に股引やタイツと厚手の靴下を履き、外気を遮断するようにしましょう。

温度管理をしよう

部屋の暖房を効かせすぎると、外気温との温度差が激しくなるだけでなく発汗によって寒さを強く感じるようになってしまいます。

暖房は20度程度に抑えて、セーターなどで厚着をして外との温度差を小さくするように心がけましょう。

熱いお風呂は避けよう

寒い外から帰ってきて暖かいお風呂に入ることは気持ちいいものですが、熱すぎるお風呂は高血圧の引き金になってしまいます。

冬のお風呂は42度以上のお湯を避けるようにします。ぬるめのお湯でも時間を掛ければ充分に身体は温まります。また朝風呂も、高血圧の原因になるので禁物です。

コラムについて、さらに詳しく読みたい